ワードプレスのwp-config.phpでエラーログを有効する方法

wp-config.phpはワードプレスの設定が記録されているファイルだけではありません。

使い方が分かると、とっても便利な道具として使えます!

例えばWordPressで作られたウェブサイトのエラーを確認できます。

今回wp-config.phpにてワードプレスのエラーログを有効する方法を紹介したいと思います。

wp-config

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

wp-configにてWordPressで作られたウェブサイトの設定、データベースのプレフィックスや接続情報、アドミニストレーターパネルのアドレスなどは保存されています。

でもデフォルト設定だけではなく、その他のオプションを追加することが出来ます。

例えばエラーログです。

エラーログを見れば大体のワードプレスのエラーを解除できます。

エラーログを有効します

先ずはwp-config.phpを開かなければなりません。

サーバーのファイルマネージャーかFileZillaにてWordPressがインストールされているディレクトリを開きます。

wp-config.phpを開いて”That’s all, stop editing! Happy blogging.”のラインを探す。

丁度このラインの前に

define( ‘WP_DEBUG’, true );

を貼り付けます。

*デバグラインはもう既に存在している場合

define( ‘WP_DEBUG’, false );をdefine( ‘WP_DEBUG’, true );に変えてください。

Debug modeを有効にするとサイトのページの上の部分にエラーが表示されることもあるので、メインテナンスモードに切り替えてから作業してください。

次はエラーログをファイルに保存するコードを貼り付けましょう。

define( ‘WP_DEBUG’, true );の上に

define( ‘WP_DEBUG_LOG’, true );

を貼り付けてください。

最後にはファイルを保存します。

エラーログを見る

エラーログを見る前にエラーは発生する可能性が高いページを開かなければなりません。

列:

ウェブサイトのフロントエンドにて色んなページを2-3回ぐらい開いてみましょう。

その後、デバグファイルを探して開けてみましょう。

サーバーのファイルマネージャーかFileZillaにてWordPressがインストールされているディレクトリを開きます。

その中に/wp-content/のフォルダーを開いてdebug.logのファイルを探します。

これはただのテキストファイルなので、普通のノートパッドで見ることできます。

終わりに

WordPressのウェブサイトの不具合やエラーのチェック・解除をする為に、新たなプラグインをインストールしなくても解決できます。

エラーのチェック・解除作業後エラーログを無効にしてください。

define( ‘WP_DEBUG’, true ); >>> define( ‘WP_DEBUG’, false );

お役に立てれば幸いです。

返事を書く

コメントを入力してください
お名前を入力してください